インプラントイメージ

インプラントの術式は一回法がおすすめです

2年ほど前にインプラントの手術をしました。
下の奥歯でしたので、比較的簡単な手術といわれましたが、なにしろこちらははじめての経験でしたので、簡単かどうかもよく分らず、とても不安になりながら、手術を受けることになりました。
事前のレクチャーで2回法とよばれる台座を埋め込んで半年近くしてから再度切開して人工歯を取り付ける方法と、一回法といって台座を埋め込んで頭の部分を出したまま定着化をはかり、その上に人工歯をとりつける方法があることを知りましたが、私の場合は後者の一回法で行うこととなりました。
しかも割れてしまって抜歯することになった歯を抜いてすぐに台座を埋め込むという手術をすることになったのです。
先生の説明では抜歯のときにあいた穴を利用するので、負担がすくなく定着化をはかることができるので、これ以上手術をしなくていいのが大きなメリットだということがわかりました。
実際にやってみると抜歯がもっとも痛かったのですが、その後のチタンの台座を埋め込むほうの手術は実に簡単で、その後三ヶ月ちょっと台座が安定するのを待つことになりました。
正直こんな形で台座を入れて安定するのかと思っていたのですが、あごに固定することでかなりしっかりすることができて、3ヶ月後には人工歯をつけることができるところまで回復することができました。
一度やってみるとなんということはないインプラントの手術ですが、とにかく、何がどうなるのかよく分らなかったため、歯が入ったときには本当にほっとした記憶があります。
その後歯のほうは順調に推移しており、歯周病にもなることなく2年が経過しています。
このインプラントのもっともいいところは周辺の歯にまったく余分な負担をかけずに欠損したところだけを完全い元に戻せることで、人にも言わないとどれがインプラントの歯かも分らないぐらいよくできていることです。
しっかり固定されれば、自分の歯と同じぐらいしっかりかむことができますしせんべいのようなものでもバリバリ食べることができるのは幸せだと思っています。
実際インプラントにして本当によかったと思いますし、これからもこの歯を大切に使っていきたいと思っています。

Copyright(C) 2010 歯をキレイに.com All Rights Reserved.